デカチンになった今!メガマックスウルトラに出会って変われた俺のペニス

カップル

ペニスのコンプレックス

ペニスのコンプレックス 狭い視点で自分のペニスのサイズを見てみると決して大きいと言えないと思う男性は多く、短小と思い込んでしまい心のコンプレックスとなってしまい性行為などでも自信がなくなってしまい魅力的な男性に女性が感じないこともあります。
短小とは、一般的にはペニスを大きさを表現する言葉となりますが、男性同士が大きさを比較した時に自分より小さい相手をからかう意味もあると言われ、過去に小さいと馬鹿にされたり女性との性行為に失敗してしまうことで心の深い所でコンプレックスとなってしまい性行為と時に恥ずかしいなどの感情が混ざってしまい集中することができす気持ちが満たされないこともあります。
しかし、大きな視点で自分の陰茎の大きさを考えてみると個人によって大小様々ですが、女性が大きいからといって喜ぶとは考えにくく、どちらかと言えば男性から愛情が伝わることや女性は男性に身を委ねているわけですからどれだけリラックスした気持ちにさせてくれるか、またはオーガズムに達することができるのかが重要となり、大きさを気にしているは男性であり正直なところそれは自己満足の世界であり、ある程度の大きさがあれば全く問題とならないことです。
世界的に見ると日本人男性は大きい方とは言えませんが、世界的な平均サイズも勃起時で13センチほどでありこれを超えるあるいは同等程度の男性は日本にも多くおり、また女性の膣内のもっとも深い所まで約7~10センチ程度と言われいるので、ここから分かる通り性行為の障害とはなりません。
性行為の障害となるのは勃起しても4~6センチ程度にしかならない男性であり、マイクロまたはミクロペニスと呼ばれ外科的な治療などが必要になります。
狭い視点で物事を考えるのではなく広く大きな視点で捉え、自信を持って性行為に臨むようにしお互いが満足できるように、そして楽しめるように性生活の質の向上のために日々努力していくことが大切になります。